会社案内

ホールにおいては、半ば当然とさえ考えられてきた、タバコとその煙臭さ。しかし公共の場での禁煙・分煙化が進み、健康増進法等の法律が整備されてきている現在、人々の意識も向上しつつあると言えます。

従来からのファンの方は、となりの人の煙が気になったり、もしくは逆に隣の人に自分の煙をあからさまに迷惑がられたり…、服に染み付いた臭いが…とほとんどの方がタバコに関するトラブルを経験しています。またホールスタッフの方もそういった声を耳にすることがあると思います。しかし、寄せられる苦情は実情の一部であり、お客様がお互いに許容しあっているという状況なのです。

つまり、「たばこの煙と臭い」を解決・改善することは、新しいお客様にホールの面白さを知って頂き、また従来からのお客様には、より快適に楽しんで頂くチャンスではないでしょうか。

当社は平成10年10月の創業以来、パチンコ店におけるたばこの煙の問題を解消しようと、研究開発・製品改良を行ってきました。
「吸殻自動回収システム スモークマン」と「分煙台間ボード スマイル・ワン」は、ホールの方々のご協力とお客様の声を手がかりに、様々な工夫を重ね完成させた製品です。構造はシンプルかつ精密に設計されており、ホールの環境改善とサービス向上に貢献できる付加価値のある商品と確信しております。

これからも皆様とともに、お客様の”快適と感じる健康的な遊戯空間創り”に努力して参ります。

会社名 チルソンシステム株式会社
所在地 ●本社
〒670-0953
兵庫県姫路市三条町1丁目14
●工場
〒679-2123
兵庫県姫路市豊富町豊富3903-6
TEL/FAX ●本社
TEL:079-288-4244㈹
FAX:079-288-4256
●工場
TEL:079-264-0405
設立 1998年10月12日(創業1996年9月)
資本金 1,000万円
代表者 CEO        大武 達圭
代表取締役社長 大武 静子
従業員 7名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 姫路中央支店
西兵庫信用金庫 飾磨支店
姫路信用金庫 駅南支店
事業内容 1.タバコ吸殻自動回収処理機器の企画・製造・販売・施工・保守管理
2.分煙台間ボードの企画・製造・販売・施工
経歴 1996年(平成 8年)9月 吸殻自動回収システム開発に着手
1998年(平成10年)12月 吸殻自動回収装置 特許取得
1999年(平成11年)5月 すいがらのQstarⅠ 完成
2001年(平成13年)9月 すいがらのQstarⅡ 完成
2003年(平成15年)7月 灰皿商品名をスモークマンとして命名
2004年(平成16年)8月 分煙台間ボード考案開発着手
2006年(平成18年)9月 分煙台間ボード「スマイル-ワン」完成
2010年(平成22年)9月 自動吸殻回収用灰皿「ストーン」完成
2011年(平成23年)9月 手置き台付きボード「ニュー・スマイルワン」完成
2013年(平成25年)2月 ドリンクホルダー付きボード「スマイルワン・ネクスト」に改良
2013年(平成25年)5月 スロット用「スマイルワン・ネクスト」完成
その他 ●灰皿部門
特許申請2件 実用新案2件 意匠登録2件
●パーテーション部門
特許申請1件 意匠登録2件